カラートリートメントを使うとお風呂場が汚れる?対処法と汚れを防ぐコツ

カラートリートメントを使うとお風呂場が汚れてしまわない…?

カラートリートメントは白髪にはしっかり色がついて、手やおでこはあまり汚れない。汚れても洗えばすぐ落ちるといわれますが、お風呂場は汚れないのでしょうか?

お風呂場は汚れるけどすぐに洗い流せば大丈夫

カラートリートメントをすすぐとき、色のついたお湯がたくさん流れます。シャワーで飛び散った黒いお湯が壁についてしまうこともあります。

でも、床や壁に黒いお湯がついても、すぐにシャワーで洗い流せば簡単に落ちます。

すぐに洗い流さず、しばらく時間がたって乾いてしまったものは、シャワーだけでは落ちにくいかもしれませんが、洗剤をつけてスポンジでこすれば問題なく落ちるので心配ないですよ。

カラートリートメント時にお風呂場の汚れを防ぐコツ

カラートリートメントでお風呂場が汚れてしまうのを防ぐコツを紹介します。

先にお風呂場の床を濡らしておく

汚れが付着してしまわないように、カラートリートメントを使用する前にお風呂場を濡らしておきましょう。
先にお風呂場を濡らしておくことで、色素が付着しにくくなります。
床だけでなく、壁も濡らしておくと安心です。すすぐ際に、意外と壁にも黒いお湯が飛び散ったりしますから。

逆に乾いた場所に色素がついてしまうとごしごしこすってもなかなか落ちない…ということになってしまうので注意してくださいね。

すすぐ前ひと手間を

すすぐときはいきなりシャワーを当てて洗い流すのではなく、手でお湯をすくってちゃぷちゃぷとカラートリートメントを洗い流していきましょう。
洗面器にお湯をためて、少しずつ手でお湯をすくいながら髪の毛にもみ込むように洗い流していきます。
ぬめりがなくなるまで何度も繰り返し行って下さい。

マイナチュレカラートリートメントの使い方

これはわたしが愛用しているマイナチュレカラートリートメントの使い方の説明なんですが、こんなイメージです。

実はこれ、「乳化」といって、色の定着をよくするためのひと手間でもあるんです。
サロンで髪を染めるときも、シャンプー台でお湯をちゃぷちゃぷとつけながらしばらくマッサージしてくれることがあると思います。あれも「乳化」で色を定着させているんですよ。

乳化で色を定着させつつ、おおまかに染料をすすぎ、その後にシャワーでしっかり洗い流してください。
そうすると壁に黒いお湯が飛び散らずに済みますよ。

>>よく染まる!おすすめカラートリートメントランキング