カラートリートメントで髪が緑になる!?真相と原因調べました!

カラートリートメントを使ったら、白髪が緑色っぽく染まってしまったという話を聞いたことがあります。

でも、すべてのカラートリートメントで緑色に染まってしまうわけではなさそうです。
どうしてカラートリートメントで髪が緑色になることがあるのでしょうか?

カラートリートメントで髪が緑色になるって本当?原因は?

カラートリートメントで髪の毛が緑色になることは、本当にあるようです。
その原因は、いくつか考えられます。

感光性染料という光で染まるタイプの白髪染めを併用した場合

感光性染料という、光で染まるタイプの白髪染めを併用した場合、カラートリートメントの成分との化学反応によって髪の毛が緑色になることがあるようです。
この場合は、発色するとなかなか色を落すことができないので、髪の毛が伸びるのを待たなくてはいけません。

緑のまま、しかも根元の白髪も染められないまま待つなんて地獄です。

パーマと併用した場合

パーマ剤のなかに含まれる髪を保護する成分とカラートリートメントに含まれる染料が化学反応することで髪の毛が緑色になる可能性があります。

ヘアカラーのアルカリ性染料とトリートメントの酸性染料の化学反応

一般的なヘアカラーの染料はアルカリ性の物が多く、トリートメントの染料は酸性の物が多く含まれています。ヘアカラーをしてから時間が経たないうちに、ヘアカラートリートメントをすることで二つの染料が化学反応を起こして、緑色になることがあります。

髪を緑色にならないようにできる予防対策

以上のように、カラートリートメントで髪の毛が緑色になってしまうのは、アルカリ性の染料の入ったヘアカラーを一緒に使ったり、パーマをかけてすぐにカラートリートメントをするなど、他の薬剤と併用したときに起こる化学反応が原因なんです。

ということは、予防策としてはカラートリートメントと他のヘアカラーやパーマを併用しないことです。

カラートリートメントを使った日から1週間くらい間をあけて、ヘアカラーやパーマをする。
ヘアカラーやパーマをした日から1週間ほどあけて、カラートリートメントを使うといったように、しばらく間隔をあけることで緑色になるのを防ぐことができます。

これらは実は、カラートリートメントのパンフレットなどにも注意書きされていることがあるんですよ。

髪が緑色になってしまった時の対処法は?

髪の毛が緑色になってしまった時はとっても焦りますよね。そんな時はどうしたらいいのでしょう?

自然に色が落ちるまで待った方がいいなんていう意見もありましたが、実際問題それは無理です。

緑の頭で毎日会社に行ったり買い物に行ったりできないですよね。

早急になんとかしたいところです。

一番簡単な方法は、今の髪の毛の色よりも暗い色でもう一度染めることです。それも黒ではなく赤系の色が入ったものの方がいいです。
たとえばダークブラウンやローズ系・ピンク系のブラウンなど。

というのも、緑というのは黄色と青を混ぜてできる色ですよね。赤が入っていないんです。
なので、ここに赤系を混ぜることで緑が押さえられるというわけです。

それでもうまく行かないときは、一度色を抜いてリセットすることになります。
具体的にはブリーチやティントコントローラー(脱染剤)を使います。

髪は傷んでしまいますが仕方ないですね。。。

ただ、自分でブリーチなどを使って色を抜くのはおすすめできません。
髪が緑になってしまった場合の対処は、美容師さんでもかなり経験豊富な人でないと難しいそうです。

赤系の暗い色で染めてみてダメだったら、美容院に相談しましょう。