ヘナをやめたいと思う理由。「脱・ヘナ」は難しい?

ヘナをやめたい 脱ヘナ

植物の成分だけで安全に染められるのが魅力で、ヘナで白髪染めをしていたけれど、もうやめたい・・・脱・ヘナしたいという人も結構いるみたいですね。
ヘナのどういう点を不満に感じるのでしょうか? また、脱・ヘナはそんなに難しいことなのでしょうか。

ヘナをやめたい理由

ヘナをやめたいと考える理由はだいたい次のようなものです。

思い通りの色にできない

ヘナを使って染めると、基本的にはオレンジ色に染まります。そして白髪にしか染まりません。
そのため、白髪が少ない場合は黒髪にオレンジのメッシュが入ったようになります。
全体的に白髪が多い人の場合は、全体の印象がオレンジになってギョッとしてしまう人もいるようです。

ヘナにインディゴを混ぜることで、暗めの色にする方法もありますが、そうすると今度は黒髪が黒くなりすぎて不自然な印象に。

さらにヘナは自然の植物が原料となっているので、色味が安定しにくいという欠点があります。
その日の体調や髪質、気温などによっても染まる色が微妙に変わることがあるので、ヘナを扱いなれた美容師さんでも思い通りの色を出すのは難しいそうです。
染めてみなければどんな色になるのかわからないという面があるんです。

染めるのに時間がかかりすぎる

ヘナで髪の毛を染めるときは、普通のヘアカラーより時間がかかります。
ヘアカラーの場合、時間がかかっても30分ほどで染まりますが、ヘナの場合は少なくても1時間かかってしまいます。
しっかり染めようと思えば、3時間はほしいところです。
中には夜にヘナを塗って朝までそのまま寝る「寝ヘナ」を行う方もいるそうです。
そうすることで約8時間放置できますよね。

質のいいヘナを使用している場合、放置すればするほどしっかり染めることができ、美髪効果も期待できます。

でも、3時間もヘナを髪に塗って放置するのは面倒ですし、だんだん染めるのがおっくうになってきますよね。

草のような独特なにおいがする

ヘナは植物からできているので、草をすりつぶした独特なにおいがします。
自分は気にならなくても、家族や周りの人が気になるという場合もあります。
染めてから数日はにおいが残ってしまうので、周囲の人にクサいって思われたらどうしよう・・・という心配もありますよね。

毎日家にいてほとんど人と会わないなら大丈夫ですが、仕事をしているとなかなかそういうわけにもいきません。

脱・ヘナは難しい?

さまざまな理由があり、脱・ヘナをしたいと考える方は少なくありません。
しかし、一度ヘナを使用してしまうとカラーチェンジが難しいといった問題があります。

ヘナで染めた部分はヘアカラーで染まりにくい

ヘナを使用して染めた部分はヘアカラーで染まりにくくなるといわれています。
また、ヘナを使用した後でヘアカラーをすると緑色っぽくなってしまうなど、変な色になってしまうこともあります。

特に、ヘナにインディゴを混ぜて染めていた場合は、ヘアカラーをしても明るく染めることができない場合が多いです。

ヘナが蓄積した毛先部分と、ヘナで染まっていない新しく生えてきた根元部分でどのように色をあわせるのかが難しいところですね。

脱・ヘナはカラーの得意な美容院で

ムラになってしまったり変な色になってしまうというリスクを考えると、ヘナからヘアカラーに移行する場合は自分で染めるのはやめた方がいいと思います。

絶対に美容院で染めた方がいいです。それも、カラーが得意な美容院を探すことをおすすめします。

一般的なブリーチよりさらに強力なブリーチを使用してヘナの染料を抜き、再度染めるなど、髪の毛の状態に合わせてヘアカラーをしてくれます。
ただ、施術も多くなるため、通常のヘアカラーより時間はかかると思います。それに髪や頭皮も傷みます・・・。

もちろん、美容室へ行ってもうまく染められない可能性もあります。
ヘナからヘアカラーに移行するのはそれほど難しいものだと覚えておきましょう。

1~2ヵ月おいてから

ヘアカラーをしたい場合は、最後にヘナで染めてから少し間隔をあけた方がいいですよ。
染まらない、あるいは変な色に染まってしまうリスクを少なくするためにも、ヘナがなるべく抜けるまで待ってみましょう。
できれば3か月以上待った方がいいですが、そんなに待てない!という方はせめて1~2か月待ってくださいね。

暗めの色でいいならカラートリートメントという選択肢も

ヘナをやめたい理由が「待ち時間が長い」「においが苦手」「オレンジっぽくなるのがいや」ということであれば、ヘナからヘアカラーに変えるのではなくカラートリートメントで白髪を染めるという選択肢があります。

カラートリートメントも、ヘナと同様、黒髪を明るく染めることはできませんが、合成染料なので色味は安定していますし、オレンジっぽく染まることもありません。
ヘナと比べるとにおいも気になりませんし、放置時間も10~15分ととても短いので断然お手軽です。
色落ちしやすいので週に1回くらいのペースで染める必要がありますが、わたしはいつもお風呂でトリートメント代わりに塗って染めているので、特に面倒くさいということもないですよ。

合成染料といっても、ヘアカラーのようなジアミン系の染料よりずっと安全ですし、ジアミンアレルギーを引き起こす心配もないのがうれしいですね。