フラガールカラートリートメント(アッシュブラウン)の体験レビューと口コミまとめ

フラガールで染めてみました

フラガール カラートリートメントは結構前からあるカラートリートメント ですよね。使ったことがある人も多いのでは?
わたしは今回初挑戦ですが、新しい色「アッシュブラウン」で染めてみました。口コミも紹介していきたいと思います。

染まり具合の比較写真もありますよ♪ 参考にしてみてください。

フラガール カラートリートメントの特徴

フラガールのカラートリートメントは、もともとトリートメントで有名な会社が出しています。
大きく2種類に分かれています。

・白髪ケアトリートメント(通常版)

フラガールカラートリートメント 通常版

・リッチ白髪ケアトリートメント

フラガール リッチ

この2つの違いが最初よくわからず、「リッチ」だから高価なトリートメント成分が入ってるのかな?くらいに思っていました。
それも間違いではないのですが、もっと大きな違いはチューブ先端の形状です。

フラガール リッチ

先端が細くなった「とんがりチューブ」になっているので、手に出さなくてもトリートメントを生え際や後頭部にピンポイントで直接塗れるようになってるんです。
あと、専用コームとスタンドホルダーが付属していて、手や爪に色がつかないよう色々工夫されています。

こうしてみると断然「リッチ」の方がいい!と思いますが、内容量とお値段から考えるとコスパは2倍くらいちがいます

なので、全体を染めるなら「通常版」、すぐに気になってくる生え際だけをこまめに染めたいなら「リッチ」と使い分けた方が良さそうです。

今回わたしが購入したのは「通常版」の方です。

髪の毛に潤いを与えるマカダミアナッツオイルやシアバターを配合。ハワイアンって感じですね!

白髪染めトリートメントぽくない可愛いパッケージのせいでしょうか、若い人の口コミも多い印象。
明るく染めた髪を就活などで一時的に暗くしたいときなどによく使われているようです。
カラーバリエーションが多いのも特徴ですね。

フラガール カラートリートメント 色

フラガールカラートリートメントの使い方

シャンプー後、10分

フラガールカラートリートメントの使い方を簡単に説明します。

フラガール 使い方

  1. シャンプー後、タオルドライをして水気を切る
  2. 手袋をしてフラガールカラートリートメントを適量塗り込む
  3. 10分放置する
  4. しっかりすすぐ

適量はショートへアの場合でピンポン玉1個分くらいです。
爪やタオルに色移りしてしまわないように、使い捨て手袋を使用したり、黒やブラウンのタオルを使用するようにしましょう。

染まりをよくしたい場合は、長め(20~30分)に放置したり、乾いた髪に使うと良いとのこと。
あと、白髪の部分にはたっぷり塗ってくださいという表示もあります。

染まる?染まらない?フラガール カラートリートメントの体験レビュー

アッシュブラウンを購入しました!

赤みを抑えた人気の色ということで、楽しみです♪

フラガール

届いてびっくりしたんですが、他の一般的なカラートリートメントよりも大きい!
1本200gのものが多いけど、フラガールは250g。たっぷり使えてうれしいです♪

使用感

シャンプー後の濡れた髪に使ってみましたが、テクスチャーはかなりゆるめです。
下の写真のように、意図してないところにポタポタ垂れてしまいました。あちこち汚さないよう要注意です。

フラガール

ただ、やわらかい分、伸ばしやすかったです。ムラなく伸ばせる感じですね。
今回はとりあえず使用方法どおりシャンプー後に使いましたが、これなら乾いた髪にも伸ばしやすいかも。

髪に塗ってる間、ちょっと香りが強いかな?という気がしました。クセのない良い香りなので不快ではないのですが、個人的にはもうちょっと香りが控えめな方がいいです。

10分放置後、すすぎます。

でもここで問題が!
ヌルヌルがなかなか取れないのでいつまですすげばいいかわからないんです。しかもお湯がいつまでも透明にならない。
ここですすぎをあきらめると後でタオルや枕を汚しちゃうだろうなと思って根気よくすすぎましたがかなり時間がかかります。
水道代もちょっと気になる…

週に1~2回、定期的に使っていくことを考えると「すすぎ時間が長い」というのはややマイナスポイントですね。

染まり具合は?

今回わたしが使ったのは「アッシュブラウン」です。
シャンプー後の濡れた髪に10分使ってみた結果がこちら。確かに赤みや黄色みを抑えた、落ち着いたブラウンでいい感じです。

フラガール カラートリートメント 染まり具合

ただ、1回目はあまり染まってないですね。結構薄い色です。
でも3回目ではしっかり深く染まってるので、カラートリートメントとしては普通レベル。合格ラインです。

シャンプー後の濡れた髪に使って1回目からしっかり染まるものを探している人は、マイナチュレカラートリートメントがおすすめです。
わたしが今まで使った中では一番よく染まりました。

 

濡れた髪だとあまり染まらなかったフラガールですが、乾いた髪に10分使ってみると、1回目からしっかり染まりました(写真右)。

フラガール 染まり具合

なるべく早く染めたい人は乾いた髪に使った方が良さそうです。

フラガール カラートリートメントの口コミ

フラガールカラートリートメントを実際に使用した方の口コミを紹介します。

良い口コミ

乾いた髪だと1回で染まった乾いた髪につけた後、ヘアキャップをかぶって1時間放置→すすぎ・シャンプーをしました。1回で染まりました。
色持ちが良いカラートリートメント にしては色持ちが良く、1~2週間に1回ペースでもいけそうです。
一番染まるヘアカラーのつなぎとして使っています。今までカラーバターやDHCなどカラートリートメントを使いましたが、その中では1番染まると感じました。

このほか、肌が弱くても使用でき、全体を自然に染めてくれるという口コミが多かったです。
刺激が少ないので何度でも使用できるのはうれしいですね!

悪い口コミ

いつまですすげばいいの?まあまあ染まります。が、水に色が出続けるのでいつまですすげばいいかわからない。
続けて使ってもあまり染まらない何度か続けて使っても、思ったほどしっかり白髪がカバー出来ているとは思えなかったです。

すすぎ時間が長いという口コミが多く見られました。

これはわたしも同感!

一度のすすぎに10分程度かかったという声も。
これはウンザリしちゃいます。

フラガール カラートリートメントはこんな人におすすめ

フラガールカラートリートメントはこのような人におすすめです。

おすすめできる人

  • 赤みを抑えたアッシュ系のダークブラウンに染めたい人
  • 自然な感じに染めたい人

アッシュ系のカラートリートメントは少ないので、気になる人は一度試してみるといいですよ。

一方で、こんな人にはおすすめできません。

おすすめできない人

  • なるべく短時間で染めたい人
  • お風呂でシャンプーのついでに染めたい人
  • すすぎ時間が長いのはイライラしてしまう人
  • 強い香りが苦手な人

濡れた髪の場合、1回ではあまり染まりませんし、すすぎ時間も結構かかるので、シャンプーのついでに手早く染めたいという人にはあまりおすすめできません。

とにかく早く、良く染まるカラートリートメントがいいという人はこちらを参考にしてみてください。

>>白髪がよく染まるカラートリートメントランキング

 

フラガールカラートリートメントは、公式サイトや楽天、Amazonで購入することができます。
近所のドラッグストアでは見かけませんでしたが、東急ハンズやイオン、ロフトでは販売していることもあるようです。