部分白髪の原因と対策。経済的な対処法を紹介

白髪が髪の毛全体に生えているのではなく部分的に生えている人もいますよね。
こめかみや頭頂部だけにまとまって生えている人です。
どうして部分的に生えるのでしょう。部分的に生える白髪の対策はどうしたら良いのでしょう。部分白髪の原因と対策を紹介します!

部分白髪はなぜできるの?

白髪の主な原因は加齢ですが、部分的に白髪ができる場合には加齢だけが原因だとはいえません。加齢以外にどんな原因があるのか見ていきましょう。

紫外線

頭頂部に白髪がまとまって生えている人は、紫外線からの悪影響を受け白髪ができた可能性があります。
紫外線によって発生した活性酸素は、髪を黒くするメラニン色素を生成するメラノサイトも攻撃します。
活性酸素に攻撃されたメラノサイトは、メラニン色素を作られなくなるので、紫外線があたりやすい頭頂部に白髪が生えやすくなります。

血行不良

髪の毛は血液から栄養素を補給され成長していきます。
そのため、血液の循環が悪くなるり血行不良を起こしてしまうと、髪に必要な栄養素が十分に補給されずに白髪になってしまいます。
頭皮全体のマッサージに加え、白髪がまとまって生えている部分を特に重点的にマッサージするようにしましょう。

病気

白髪がまとまって生えた場合には、内臓の不調や病気が原因となっている可能性もあります。
例えば

・頭頂部→消化器系
・側頭部→肝臓や腎臓
・つむじ→肺や心臓
・後頭部→生殖器系
・耳の周り→歯や歯肉
・前頭部→肛門
・額やこめかみ→眼

なぜ側頭部の白髪と肝臓の不調が関係あるの?と思ってしまいますが、これは側頭部に肝臓のツボがあるから。
頭にはツボがたくさんあるんです。

もし、身体の不調部分と白髪がまとまっている部分が同じで気になるようなら一度病院を受診してみてください。

部分白髪の対策は?

白髪は部分的であっても老けた印象を与えてしまうので隠したい!って思うものです。
そんな時にできる対策を紹介しますね♪

頭皮マッサージ

頭のコリをほぐして血行を促進させることで、黒髪に必要な栄養が頭皮によく行き渡るようになります。
シャンプーのときに少し力を入れてぐっと押してみたり、頭皮マッサージ用のブラシでブラッシングするなど、毎日の習慣に取り入れると効果がありますよ。

全体を染めるのはもったいない!

美容院でのカラーリングせよ、セルフカラーにせよ、部分白髪が気になるからといって全体を染めるのは非常にもったいないです。
ヘアカラーは髪や頭皮に大きなダメージがありますから、必要も無いのに髪全体、頭皮全体を傷め続けることになります。

部分染めをするようにしましょう。
セルフカラーは使いきりのタイプではなく、少しずつ使って残しておけるタイプのものを選ぶと経済的です。

カラートリートメントなら肌にやさしく経済的

全体が傷むよりはマシですが、部分染めでも染めた部分の髪や頭皮は傷みます。
それにジアミンアレルギーの心配がありますよね。
ヘアカラーをして頭皮がヒリヒリしたりかゆくなった、かぶれたという人も多いはず。

そんな人はカラートリートメントを使うといいですよ。
お風呂でトリートメント代わりに使って10分ほど放置してすすぐだけ。
1回では染まりませんが3回ほど繰り返すとしっかり染まります。
あとは週に1回ペースで使っていけばOKです。

ジアミン系染料は入っていないし、使い方も簡単で失敗がないです。
部分染めならトリートメントもかなり長持ちして経済的ですよ。