白髪染めのリタッチカラーとは?美容院とセルフどちらでするべき?

白髪染めをしても、日が経つと髪の根元からだんだんと白髪が出てきて目立ってしまいますよね。放っておくとみっともないので染め直したいと考えるでしょう。では、白髪染めのリタッチカラーはどのくらいの頻度でやればいいのでしょうか?

リタッチカラーとは

リタッチカラーは、ヘアカラー方法のひとつで髪の毛が伸びた根元の部分だけ染め直すカラーリング方法です。髪の毛は1か月で平均1センチ伸びると言われているので、白髪染めをしてから数週間経つと根元には白髪がまた現れてしまいますね。

再び出てきた白髪だけを染め直すことでキレイになれるのが、リタッチカラーです。

白髪染めのリタッチカラーの頻度はどれくらい?

白髪染めのリタッチカラーは、どのくらいの頻度でしたらいいかは、実は白髪がどのくらいあるかによっても多少違います。たとえば、髪の毛の半分以上が白髪になっている人の場合は、2,3週間でリタッチカラーをした方がいいです。

白髪の量が髪の毛全体の3割以下という場合には、1か月半から2か月ぐらいでリタッチカラーをすると良いでしょう。つまり、白髪染めをしている人は、遅くとも2か月以内にリタッチカラーをした方がいいということになります。2か月という期間は、頭皮の生まれ変わりの期間を考えても、またヘアスタイルのキープを考えてもちょうどいい期間といえます。

ちなみにリタッチカラーは美容院で行うと3000円前後、セルフで行うと1000円程度でできます。

白髪染めのリタッチカラーは美容室で行う?セルフで行う?

白髪染めのリタッチカラーは、美容院で行う方法と自分で行うセルフがあります。自分でやるのはちょっと自信がないけれど、美容院に毎回行くのはお金がかかってしまいますよね。どちらの方がいいのでしょうか?

美容室で行う場合のメリットとデメリット

美容院でリタッチを行う場合のメリットとしては、その人の髪質や髪量などにあわせて薬剤を選んでくれるので、ダメージを最小限に抑えることができます。
また、再び出てきた白髪の部分と前回すでに染めた部分で色の差が出ないように上手に染めてもらえます。
デメリットとしては、2か月に3000円前後かかるということで、経済的な負担が大きいことと、予約をしなくては行けないので予定が立てにくいということもあります。

セルフで行う場合のメリットとデメリット

セルフでリタッチを行う場合のメリットとしては、気になった時にすぐに染められることや、使いたい分だけ出せて次まで残しておける薬剤を使えば経済的ということがあります。デメリットとしては、自分でするので染め残しなどが出る可能性があることや、頭皮に薬剤が着くなどのダメージを受ける可能性があります。

美容院でリタッチカラーをしても、セルフでリタッチカラーをしても、どちらも頭皮や髪の毛へのダメージはあります。ですから、自宅で簡単にできて、毛身の毛にも優しいカラートリートメントが安心でおすすめです。