カラートリートメントも使用前のパッチテストが必要?

二剤式のアルカリカラーとは違い、髪の毛や頭皮に優しいといわれているカラートリートメントでも、使用前にパッチテストは必要なのでしょうか?

カラートリートメントも使用前のパッチテストが必要?

パッチテストは、配合されている成分が体に合わないことで皮膚にかぶれなどの異常が起こらないか事前に調査するテストのことを言います。
二剤式のアルカリカラーなどは「酸化染料」といってジアミン系の染料や非常に刺激の強い化学成分が含まれているため、アレルギー反応を起こしてしまうと「アナフィラキシーショック」と呼ばれる非常に危険な状態になってしまうことがあるので必ず事前にパッチテストをしなければいけません。

その点、カラートリートメントは酸化染料を使用していないので、パッチテストは基本しなくても問題ありません。
ただ、商品によっては「使用前にパッチテストをしてください」と注意書きをしているものもあります。
基本的にはパッチテストをしなくても大丈夫でも、肌や弱い人や敏感肌の人、かぶれが心配な人は念のためパッチテストをしておいたほうが安心ですね。

カラートリートメントのパッチテストのやり方

二剤式の白髪染めやヘアカラーの場合、パッケージや使用説明書にパットテストの方法が記載されています。
しかし、カラートリートメントのパッケージにはパッチテストの方法は載っていません。

これまで色んな種類のカラートリートメントを購入してきましたが、その中で唯一、レフィーネヘッドスパトリートメントだけパッチテストのやり方が同封されていました。パッチテスト用のサンプルもついていました。
やり方は、二剤式のヘアカラーと同じです。

Step1:カラートリートメントを腕の内側に塗る
Step2:30分後の様子をチェックする
Step3:48時間おいて様子をチェックする

かぶれや湿疹などの異常が見られない場合は問題ありません。

>>パッチテストの詳しいやり方を見る

パッチテストで腕が染まってしまう!?

カラートリートメントの場合、黒や茶色の染料が入ったトリートメントを腕に塗って長時間放置することになるので腕が染まってしまいます。
また、洋服についてしまうとなかなか落とすことができません。
なるべく目立たないところで、しかも洋服につかない場所でパッチテストをしましょう。

洋服につかないようにと、絆創膏などで覆うのは絶対にやめてください。過剰にアレルギー反応が出て正しくパッチテストができなくなります。

お風呂に入るときは、濡れないように対策してくださいね。

返金保証付きで購入すると安心

パッチテストをした結果、かぶれや湿疹が表れてしまった場合、その商品を使うことはできません。
せっかく購入したのに、パッチテストをしただけで無駄になってしまいます。

そこでおすすめなのが、返金保証のついているものを購入することです。

例えば、ルプルプレフィーネ、50の恵み、マイナチュレカラートリートメントなどがあります。

ルプルプは、購入から10日以内に連絡することで返金保証サービスを受けることができます。
レフィーネは14日以内、50の恵は1ヵ月以内であれば返金保証サービスを受けられます。
マイナチュレも30日間の返金保証がついています。

いずれも初めて購入した人が対象です。
パッチテストでかぶれた場合に限らず、染まりに満足できなかったとか、色が気に入らないという理由でもOKです。
全部使い切っていても、期間内であれば返品することができます。

敏感肌でカラートリートメントに不安がある人は、返金保証付きのものから試してみるといいですよ。
また、色々試して満足できるものを見つけたいという人も、返金保証付きのものならリスクがないので気軽に試しやすいですね。

>>かゆくならない・かぶれない!頭皮にやさしい白髪染めランキング