10~20代でも白髪が!若白髪の原因と改善策

10~20代でも白髪で悩んでいる人はいます。そして、この年代の白髪は「若白髪」という呼ばれかたをします。
白髪と若白髪、何か違うのでしょうか? 若白髪になる原因って何?

若白髪と白髪ってどこか違うの?

白髪と若白髪、何が違うの?
その答えは同じです。

髪の毛に色が付かずに白色で生えてくるものは全て白髪になり、白髪になる仕組みも同じです。したがって、白髪も若白髪もおなじものになります。
ではどうして同じ白髪なのに「若白髪」というのでしょうか?

若白髪というのは、一般的に白髪が生えてくる年齢より早く生えてきた白髪のことを指します。1本や2本ならわかりにくく若白髪とまでは呼ばれませんが、自分だけではなく他人から見ても白髪があるのが目に見える場合は「若白髪」と呼ばれます。

そして、原因にも違いがあります。
通常の白髪は加齢が原因で起こるのですが、若白髪は若いのですから加齢が原因ではありません。どんな原因で若白髪になるのか見ていきましょう。

若白髪の原因

若白髪の原因は加齢でないとするとどんな原因があるのでしょう。
若白髪の原因だといわれている原因をご紹介しますね。

遺伝

若白髪の原因の1つが遺伝と言われています。
親や兄弟など家系で白髪が多い場合は、元々メラニン色素を生成させる機能が弱いなどの理由から白髪になりやすいと言われています。

ストレス

若白髪の原因で大きく関わってくると考えられているのが「ストレス」です。
学校生活や受験などのストレスを受けることで、メラニン色素を作り出すメラノサイトにダメージを与えてしまいます。
メラノサイトはストレスの影響を大きく受け機能が正常に働かなくなり白髪になってしまいます。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも白髪になる原因の1つになります。
特に就寝時間の短かさは大きく髪に影響しています。
若い年代の就寝中に分泌される成長ホルモンはとても重要なホルモンです。
就寝時間が短くなると成長ホルモンがしっかり分泌されないので、髪に影響が出て白髪になってしまいます。

食生活の乱れ

インスタント食品やファーストフードを食べる機会が多い若者は、どうしても食事のバランスが悪くなってしまいますし、栄養素も不足しがちです。
この影響は髪にも伝えわり髪にも悪い影響がでて白髪になってしまいます。

若白髪を改善する方法

若白髪を改善するには、ストレスを溜めないようにし、生活習慣を見直しバランスの摂れた食事を摂るようにすると少しずつではありますが、改善できるようになります。
白髪ができると染めるのが1番の解消法ですが、若白髪の場合は内側からのケアをすることで改善されるケースが多いので、内側からのケアが大切になってきます。

若白髪が気になる人にはサプリがおすすめ

若白髪を改善するには、生活習慣や食事の見直しが大切と説明しましたが、生活習慣の場合は自分の意志で見直すこともできます。
でも、食事は少し難しい人もいますよね。
1人暮らしをしている・仕事で忙しいなどの場合は、食事のバランスのことを考えて食事を作るのは大変だと思います。

そんな人は「サプリ」を利用してみるのも1つの方法です。
白髪サプリには、白髪が改善できる栄養素が豊富に含まれているので、それを利用することで食事で摂れない栄養素がしっかり摂ることができます♪